海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第14話

 前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170125211040j:plain

貴男が事務所からフロントに戻ろうとした時、奈緒美が小走りで近づき

「ねぇ知ってる?」

小声で聞いてきた。

 

「何が?」

貴男が尋ねると、奈緒美が耳打ちし
「沙織のこと聞いた?」

 

「商品コードの登録ミスの件でしょ?知ってるよ」

 

「そうじゃなくて、その先」

 

「どういうこと?」

 

「沙織辞めるんだって」

 

「えーっ、クビということ?」

 

「違うよ。知らなかったんだね。自分から退職願出したんだよ」

 

「…」

酸素不足で脳の血流が悪くなった様な感覚に襲われた。

 

何で教えてくれなかったのか、貴男の頭の中でリフレインしていたが

 

「たぶん、慰留されると思って貴男さんに伝えなかったんだね」
奈緒美が疑問を解消してくれた。

 

「そうかなぁ」

 

「うん。きっとそうだよ。彼女の性格だと…」

 

「そうか…」

 

いつしか出勤の高揚感の源となっていた沙織の笑顔、それがもう見れないような気がして急に寂しくなった。

 

職場で何回か沙織に話し掛けようとしたが、タイミングが合わなかった。

 

「僕に話す義理は無いけど教えて欲しかったよ」

貴男はトイレの中からメール送信した。

 

貴男は車での帰途、着信を知った。広めの路肩に車を停車し、急いでスマホを取り出した。

 

「こんばんは 営業部から移動になった時から、辞めるきっかけが欲しかったような気がします。今回の件は丁度良かった(笑)」

 

「でも本当にそれで良いの?」

 

「うん。スッキリしました」

 

「そうか、残念だけどしょうがないね。本音を言うと寂しいよ」

 

「会えないわけじゃないから」

 

「そうだよね。いこうねシーカヤック

 

「はい(^-^)」

 

upcyclist.hatenablog.com