海辺のアップサイクリスト

アップサイクルは、ライフスタイルの見直しによって不要なモノを断捨離、あるいは、デザイン等の付加価値を施してリメイクし、新たなモノに昇華させて生活を向上させることを提案します。

「道化の涙に映る虹」第8話

 前話

 
upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170102230310j:plain

何とかフルラウンドが終わった貴男。

 

沙織は幻滅しているに違いない。

 

想定外の出来事に翻弄されて内心穏やかではなかったが、そこは経験が浅い青年ではない。頭の中ではリカバリーを考えていた。

 

貴男は、会社が倒産しても最後まで手放さなかったパテックフィリップの腕時計をおもむろに見る。

 

「今ならちょうど間に合う。沙織さんは見慣れているかもしれないが、この時間、夕映えの綺麗な海が見れるよね。その景色をつまみにとびきり美味しいワイン飲みませんか?」

 

貴男は、予約していた海が一望できるフレンチレストランを思い浮かべながら臆面もなく沙織を誘った。

 

ラ・メルと言うありふれた名だが、地元の人間が来ない、一見カジュアルな高級店だった。

 

沙織はバッグからスマホを取り出し、フリックした。

 

断り文句が来る予感。

 

「んー。でも車で来てるから」
スマホから貴男に目を移す沙織

 

「僕が代行手配するので」

 

いろいろ不利な状況、食事だけでも等という言葉を飲み込んで畳み掛けることはしなかった。

 

「わかりました。行きましょう」

 

予想外の沙織の返事に少し拍子抜けした貴男だった。

 

第9話につづく

 
upcyclist.hatenablog.com

 

 ↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村