海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第4話

 前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20161219215745j:plain

貴男は帰宅すると
「よろしくお願いします」と印刷された沙織の名刺を裏返し、記載されたアドレスに
「ありがとう(^o^)/」を送信した。

 

 

その日の返信は無く、三日後の夜に「どういたしまして」とだけ返信があった。

 

 

沙織の降格人事は、仕事上のミスや不祥事ではないことを奈緒美から聞いていた。出産と子育てを理由に休職ではなく退職を選んだ前任者が古巣に戻った為であった。
沙織には子供は無かった。

 

 

一週間後、貴男は休日のランチに誘うメールを沙織に送信した。

 

 

「是非と言いたいところですが、仕事と離婚のことで、当分男性と二人きりで会う気持ちの余裕がありません。ゴメンなさい」

 

 

「そうだよね、全くデリカシーが無かった。僕の方こそ本当にすみません」
浅はかな自分を見透かされた恥ずかしさで顔が赤くなった。

 

 

しかし、どうしても沙織の気を引きたい貴男は二週間後に再びメールを送信した。
ともに離婚という二人の環境のシンクロと、不当な人事異動に対する怒りと同情ついて書き連ねた。

 

 

一時間後、沙織から
「アリガト♪(*^・^)」の返信があった。

 

 

気を良くした貴男は、このまま畳み掛けようとも思ったが、同じ轍を踏むリスクを避け暫らくメールをしなかった。

 

 

貴男は職場で沙織に会っても、近くに行って話しかけることは避け、自分でも可笑しいくらい口角を限界まで上げて会釈した。

 

upcyclist.hatenablog.com