読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第31話

前話 

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170311124657j:plain

 

ミラ・ジョヴォヴィッチばりの美人。

 

いくらウクライナに美人が多くても、この写真はやり過ぎだ。

 

貴男のテンションは下がり、自分からLINEする気も起きなくなっていた。

 

翌日の朝、貴男は身支度を整えながら、充電器に挿したスマホに目をやるとLINEの着信を知らせるランプが点滅していた。

 

f:id:upcyclist:20170311141901j:plain

 

写真と文字のキャラクター性が一致しない。

 

違和感を持った貴男は返信しないでそのまま出勤した。

 

交代で遅めの昼食を取り、近くの海岸を散歩する貴男の脳裏には、相変わらず沙織の残像が浮かんでいた。

 

貴男は、スマホの時計アプリから世界時計を選択し、キエフの現在時刻を確認した。

 

f:id:upcyclist:20170312010744j:plain

 

貴男は仕方なくサイコロを投げ入れた。

 

 

f:id:upcyclist:20170312021426j:plain

 

詐欺業者を揶揄うつもりが逆に揶揄われ、貴男は少しムッとした。

 

f:id:upcyclist:20170312022933j:plain

 

どのタイミングで化けの皮を剥いでやろうか。

 

手の込んだ三文芝居に苦笑する貴男だった。

 

 

upcyclist.hatenablog.com

 

 

「道化の涙に映る虹」第30話

前話 

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170309134134j:plain

f:id:upcyclist:20170311121833j:plain

やはり詐欺業者か…。

 

当初から、日本人の成りすましか、六本木辺りで働いているウクライナ人の可能性も排除していなかった貴男は、モデルの様なアンナの添付画像見た瞬間、確信へと変わっていた。

 

最初から出来過ぎた話しだった。

 

 

こちらが大したアクションも見せていないのにラインまで誘導する手口。

 

 

「面白い。騙された振りをしてやろう」

 

 

事実を確かめることは簡単だが、詐欺業者を揶揄うのは気晴らしに丁度良い。

 

 

もとより、沙織を忘れるがためにペンパルサイトに登録したのだ。貴男から早々に終止符を打つ必要性は無かった。

 

 

このままゲームを続けよう。しばらく様子を見て、金銭を要求してきたらすぐにさよならすれば良いだけ。

 

 

たとえ翻弄されたとしても今の貴男にとってはクスリの一つだった。

 

upcyclist.hatenablog.com

 

「道化の涙に映る虹」第29話

前話 

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170308013857j:plain

To bittukuri

 

こんにちは  ビックリさん

 

ペンネームは驚く方のビックリだったんですね。笑いましたよ。

何にビックリしたのですか?

 

キエフに遊びに行く時は、是非案内をお願いします。

 

僕が今住んでいるのは、静岡でも東の伊豆半島です。
現在は観葉植物と暮らしています。

本当は犬が飼いたいけど
伊豆は、東京に一番近い青い海があり山もある。

食べ物がおいしく、温泉がある観光地です。

ビックリさんが日本に来る時は案内しますよ。
伊豆だけでなく、東京出身なので東京も案内できます。
その他の地方も任せてください。

 

バレリーナだったんですね。

10年もやっていたんですか?素晴らしい!

キエフだから、もしかして、あの有名なキエフ・バレエ団?

 

今までラインはやっていませんでした。でもビックリさんと
話したくなったので、ラインを始めることにしました。

次のメールでお知らせしますから少し待っていてください。

 

写真ですが、仕事が忙しかったので最近は撮っていませんでした。
旅行とか遊びに行かないと写真撮らないですからね。
天気の良い日に近くの海で撮ってきます。
これも少しだけ待ってください。
待っていてもらう代わりに伊豆の美しい海の写真送ります。

f:id:upcyclist:20170308020930j:plain

それでは また

 

貴男がキエフ・バレエ団を知っていたのは、以前、知人の女性が日本公演のチケットをドタキャンで余らせ、何人目かで連絡がついた貴男に半値で売りつけたからだった。

バレエを一度も見る機会が無かった貴男は興味本位で見に行ったのだった。 

 

 

upcyclist.hatenablog.com

 

コラム「生きることは痛みに耐えること」

f:id:upcyclist:20170307235837j:plain

他人に改めて痛々しい等と言われるまでもなく、痛みに耐えながら生きる自分。

 

人生は本当に辛い。

 

周囲の人を見てもそう思う。 心の痛み、身体の痛み。

 

辛くないと言う人間は、強がりか、鈍感か、本当に恵まれた者。

 

生きるということは生物だけの概念だと思うが、存在という概念は生物以外にも適用される。

 

ここで言う生物とは、ナマモノではなくセイブツ。

 

ナマモノならば対義語は干物ということになる。干物は確かに美味い!

 

話しを元に戻そう。

 

己の存在価値に悩み、疑問に思う生物、人。

 

その対義語の無生物の場合はどうだろう。

 

無生物が悩む?疑問?

 

頭おかしいんじゃないか?  そう思うのは自由。

 

もとより他の生物や無生物とはコミュニケーションがとれない人間。

 

身近な生物、犬や猫を思うと、人と共通言語を持たない存在とコミュニケーションを取る方法が何かある筈と思う自分が居る。

 

存在とは森羅万象であり、万物を肯定し、そこに居るということ。

 

勿論、生きると言うことも内包されている。

 

存在価値に悩む宇宙があるとすれば…。

 

当然、宇宙はそれを解明したいだろう。

 

古今東西ずっと世知辛いのは、その解明を目的とした生物学的な壮大な実験場の地球においては、至極当然と言えば当然なのかもしれない。

 

人は、宇宙のモルモットの一つに過ぎないのかもしれない。

「道化の涙に映る虹」第28話

前話 

upcyclist.hatenablog.com

 

 

f:id:upcyclist:20170305141048j:plain

あくる日の夜にメールの返信があった。

 

From bittukuri

 

こんにちは(^^)こちらこそ、よろしくお願いします。
返事、心からありがとう^^スゴイ嬉しかったです。
私は30歳の女性で、キエフに住んでいます。

私の日本語を褒めてくれて、ありがとうございます。心から。

ある大学で日本語と英語を教えている教師です。

漢字の使い方あまり気にしないでください。何でも読めますから。実は、専門は日本語通訳なんです。大学で5年間ぐらい日本語を勉強したことがあって、それから日本でも国際交流金のプログラムも参加しました。日本語能力試験も受けたこともあった、1級です。よろしくお願いします^^

私の趣味は読書、旅行、ドラマ、音楽、デザイン、あと、ダンスも好きですです。音楽なら、まあ色々な音楽が好き、日本のロックは特に。
私のメールは✕✕_○○@▽▽.com
ラインIDは◇◇_bittukuri
では, ご返信お待ちしています(^^)

 

貴男は、相手との歳の差が気にはなったものの、日本語の丁寧な文面と顔文字に感動して間を空けずに返信した。

 

To bittukuri

 

こんにちは bittukuriさん
タカオ(takao )です。返事ありがとう。(^_^)

僕は静岡県の伊豆に住んでいます。

bittukuriさんの日本語が上手なので、まるで日本人にメールしているみたいです。

難しい漢字も使いこなしていますね。日本語の通訳と教師やっているなんて素晴らしい!

ウクライナの首都キーウに住んでいるのですね。長い歴史があるとても美しい都市です。

僕も音楽は好きです。日本のロックでは何が好きですか?

ところでペンネームのbittukuriはウクライナ語の名前ですか?読み方を教えてください。

これからもメールいっぱいしましょう。よろしくお願いします。

  

相手に通じるかわからなかったが、貴男は受けが良いようにと、都市名のキエフウクライナ語の発音に近い「キーウ」と打った。

 

二時間もしないうちに相手の女性から返信が届いた。

 

From bittukuri

 

タカオさん

こんばんは、返事ありがとうございます^^
とても嬉しったです。本当に^^

そうですね、キエフに住んでいます。もし良かったら、いつかぜひ遊びに来てください。観光地がいっぱいいますから。私は案内しますよ。喜んで。

デザインのことって、アクセサリーのデザインが好きで、前は、暇な時間があったとき、よくしました、けど、今は仕事ばかりなので、あまりするチャンスがありまっせん><でも、デザインだけでなく、10年間ぐらいバレリーナでした。それとも、ピアノを弾くことが好きです。まあ、気持ちがいっぱいで、小説も書くのが好きです。
ところで、日本へ何回か行ったことがあったのに、静岡へ行ったことがありませんでした。本当にとても見たいです。

あとbittukuriはウクライナ語ではないよ。日本語のビックリのローマ字表記(笑)
ラインとかあったら、もっと色々について話す可能性があったね^^

ところで、もし良かったら、写真交換しましょう^^
それじゃ、今度はここで。
返事を楽しみに

 

貴男からのメールが嬉しくて気が急いていたのか、会話がかみ合わず、脱字も多くなって少したどたどしくなっていた。

 

upcyclist.hatenablog.com

 

 

自作バッグ「季節外れのアサギマダラ」

f:id:upcyclist:20170301001511j:plain

このところ、連載小説ばかり書いているので、アップサイクリストとしてはお久しぶりでございます。

 

「アップサイクリストらしくないじゃないか!」というお叱りの幻聴と被害妄想があり、そのリハビリの為に今回投稿させていただきますこと予めご了承下さい。

 

 てなことで、始まり始まり~。

 

 

この冬に引っ張り出した黒の革ジャンには何とカビが生えていた。

 

ショック!

 

黒地に白の中途半端なカビは目立ち過ぎる。

 

いっそ、ホルスタインぐらいにバキバキにキメて欲しい!

 

そうすれば

 

「お、お洒落に、な、な、なったと思いますか?」

 

などと動揺しながら相槌を求めることができる。

 

悪あがきで皮革用カビ取り洗剤を使ってみたが取れないところがあった。

 

染め直しも考えたが、組織に食い込んだカビは除去できない。

再びカビが出てくることは目に見えてわかる。

 

 あーあ~、やってもうた。

 

人生は失敗が付き物。

 

いや、人生の殆どが失敗や失望、失ってばかり。

 

大事なのはそのリカバリーであり、それこそが生き様。 

 

なんて偉そうに思う私はどうなの?

 

 

 

話しを巻き戻し

 

革ジャンは、処分するしかないと思ったが、例のごとく貧乏性の私は簡単には捨てることができない。

 

 

直ぐに何かを作ろうというアイデアも無かったので、一旦革ジャンを解体(縫製箇所の糸切り、裁断)し、カビが出ているところだけ捨てて、カビが出ていないところを素材別収納箱に保管することにした。

 

 収納箱に入れようとした瞬間、既に仕舞っていた浅葱色の革の端切れに出会い、心が化学反応を起して勝手に舞っていた

 

手に持っている黒色の革と収納箱に入っている浅葱色の革。

 

んーー。この組み合わせどこかで見たことあるぞ。好きな配色だ。

 

さて何だ?

 

心は舞っているまま…。

 

舞う

 

「蝶野のように舞い... 」

おっと、もとい

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」

 

プロレスラー(猪木)に太ももを痛めつけられたモハメド・アリが嫌がるよー。

 

そうだ、この色の組み合わせは蝶のアサギマダラだ!!  

 

前置きがワザとらしいー

 

でも、アサギマダラをデザインモチーフに何が出来るんだろう?

 

皮革で作るものは限られている。

 

そうだバッグだ。

 

いや、バッグしか思いつかない。

 

もう、それしかない。

 

他の発想など無い。

 

考えてる時間の余裕が無い。

 

心の余裕も無い。

 

ついでにお金の余裕も無い。

 

誰か貸してー。

 

ということで強引にバッグを製作した。

 

ジャーン! バタフライバッグでございます‼

f:id:upcyclist:20170304134744j:plain

 

「どうですか~お客さ~ん?」(猪木になったつもりで抑揚をつけて)

 

正面 

f:id:upcyclist:20170304134837j:plain

 

上面

f:id:upcyclist:20170304134901j:plain

 

背面および側面

f:id:upcyclist:20170304134930j:plain

 

 

f:id:upcyclist:20170304135031j:plain

 蝶の胴体はカラビナになっているので、キーホルダーに

 

 

 

f:id:upcyclist:20170304135111j:plain

 取り付けリングに、取っ手やベルトなどを付け替えることができるので、ハンドバッグ、ショルダーバッグ、リュックに変身します。

 

 

 

そうだ、大事なことを忘れていた。

 

バッグといえばブランドだ。

 

ブランドなくして何がバッグぞ

 

ということで慌ててネーミングを考えた。

 

「フランク三浦」みたいにインチキ臭いネーミングにしたい。

 

と思って検索した。

 

「サマンサ田端」  既にあった。

 

「サマンサヤバさ」とか「サマンサ蛸さん」ぐらいにしようかと思った。

 

 

サマンサタバサ関係者各位

 

安心してください。

 

訴訟嫌いなのでそんなことしませんよ。

 

もとより、お遊びで作ったバッグです。

ブランドなんか、ブランドなんか、これっぽっちも興味ありません(ギラギラ)

 

ということで、しがないアップサイクリストが作ったブランド無し「バタフライバッグ」です。

 

蝶の羽ばたきが竜巻を引き起こすが如くの災いではなく、小さな良い事が起きて欲しいと思う今日この頃です。

 

ちなみに、アサギマダラの黒✕浅葱の配色は毒を持ってるぞ、という警戒色でもあります。

 

既に毒を持った女性は勿論のこと、これから毒を持つ女性には擬態として有効かもしれません。

 

あ~あ、益々少子化。   なんちゃって

 

おっと

作ることに夢中になって大事なこと忘れていた。

 このバッグ誰の為に作ったんだっけ?

渡す女性がいなかった。(泣)

「道化の涙に映る虹」第27話

 前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170225150203j:plain

貴男はペンパルサイトにユーザー登録した。

 

 

サイトの趣旨は、あくまで幅広い文通相手を探すというのを目的としたもので、露骨に交際を求めることを禁止すると表示されていたが、交際することが本来の目的ではない貴男にとって障害にはならなかった。

 

 

そして、貴男は相手ユーザーが居住している国名と性別の絞り込み検索を行い、自己紹介文を掲載した。

 

 Nice to meet you. I live near the sea and I am an employee of the hotel. I am looking for a Ukrainian friend.Please become a Friend.

 (はじめまして。私は海の近くに住んでおり、私はホテルの従業員です。私はウクライナの友人を探しています。友達になってください。)

 

 

二日後に一通のメールを受信した。

 

 

From bittukuri

 

はじめまして takaoさん

前に日本で暮らしたことがあります。私で良ければ友達になりませんか?返事待ってます。

 

 

日本語の返信に驚いた貴男はメールのリンクにあるプロフィールをクリックした。

 

 

pen name bittukuri

residing  Ukraine 
member since  29 May 2003
sex Female
nationality  Ukraine
languages English, German, Japanese, Ukranian
job  Teacher
interests  Books, Dancing, Fashion, Music, Origami, Photographs, Soccer, Travel, Writing

 

 

確かに言語のところに日本語とあった。

 

 

何故か相手の年齢は表示されていなかった。貴男は、ユーザー登録の際、年齢を入力したことを思い出した。

 

 

貴男は、その日のうちに返信した。

 

 

To bittukuri

 

はじめまして bittukuriさん

タカオです。日本語上手ですね。驚きました。

できれば、このまま日本語でメールを続けたいのですが大丈夫ですか?

だめだったら英語でお願いします。
私は、とても綺麗な海の近くでホテルの従業員をしています。
趣味はたくさんあります。音楽、読書、写真はbittukuriさんと共通ですね。
桜の季節にはとても美しい場所があります。
友達になりたいのでよろしくお願いします。

↑ もし、わからない日本語、漢字があったら言ってください。

↑ Please tell me Japanese you do not know.


I want to continue to send e-mail in Japanese, but is it OK?
If it is not good, please do it in English.

(できれば、このまま日本語でメールを続けたいのですが大丈夫ですか?
だめだったら英語でお願いします。)

 

upcyclist.hatenablog.com