読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第26話

Serial novel Serial novel-第26話

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170221021924j:plain

ディスプレイの消えたスマホを握ったまま茫然自失となった貴男。

 

暫くすると、心は惨めな気持ちで大量出血を起していた。

 

応急処置が必要だったが、夜中の救急病院は24時間営業のスーパーしか無かった。

 

トールワゴンは救急車の如くスーパーに着いた。

 

貴男は閑散とした店内を大股で歩き、一番好きなバーボンをカゴに入れた。陳列棚の中では一番値段が高く、滅多に買わないものだった。

 

そして、総菜の見切り品コーナーで、まばらに残った揚げ物をカゴに放り込むと脇目も振らずレジに直行し家路を急いだ。

 

グラスに入れて飲み始めたバーボンは、いつしかラッパ飲みとなり空になった。

 

冷蔵庫に常備していた紙パックの焼酎もあおり、いつの間にか眠っていた。

 

数時間程して、貴男は自分のくしゃみで目覚めた。

 

見慣れない景色に一瞬焦るが、すぐに自宅のリビングであることに気付く。

服も着替えてはいなかった。

 

この日は休日の為、貴男は酒臭い身体を朝からゆっくり湯船に沈めることができた。

 

浴室に射し込む朝日に蒸気の粒子が舞う。

 

貴男は、それを眺めながら、深い喪失感を忘れる方法を思案していた。

 

このショックから立ち直るには、反対側に針が振り切れるぐらい突拍子もない出来事が必要だと思った。

 

しかし、思いを巡らしてもそう簡単には出てこなかった。

 

ドライヤーで髪を乾かしながら何気なく足元を見る。視界に入ったのはゴミ箱からはみ出た一枚のチラシ。

 

東京オリンピックのオフィシャルスポンサーを知らせる企業のチラシであった。

 

オリンピック…。

 

この際、外国人の彼女をつくるのも良いかもしれないと唐突に思った。

 

今までとは真逆の世界。日本人から外国人、近距離恋愛から超遠距離恋愛

 

黙っていても、何かに翻弄されるであろう現実に、沙織を忘れることができるのではないかと期待した。

 

PCを開くと早速検索した。

 

露骨な国際結婚や出会い系、如何わしいサイトの登録は避け、ペンパルサイトの友達募集に登録した。わざとプロセスに時間が掛かる方を選んだのだ。

 

若い頃に海外主張や留学の経験もあり、フランス人、イタリア人、アメリカ人の女性とも付き合た経験があるので、外国人に全く抵抗が無かった。

 

どうせ彼女にするなら世界一の美人が多くいる国と、男の浅はかな思考でウクライナの女性にコンタクトを取ることにした。

 

upcyclist.hatenablog.com