海辺のアップサイクリスト

アップサイクルは、ライフスタイルの見直しによって不要なモノを断捨離、あるいは、デザイン等の付加価値を施してリメイクし、新たなモノに昇華させて生活を向上させることを提案します。

「道化の涙に映る虹」第32話

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170321043901j:plain

 

 

 

f:id:upcyclist:20170321044103j:plain

 

どこまで芝居を続けるつもりなのだろうか。

 

いずれ会いたいだの、金をくれだの言ってくるだろう。

 

貴男は暇潰しと空しさの間で返信を続けた。

 

f:id:upcyclist:20170321210412j:plain

 

勤務を終え、ジャケットの内ポケットからスマホを取り出すとLINEの着信を知らせるランプが点滅していた。

 

アンナからだったので返信せず帰宅した。

 

風呂に入り、夕食を終え、ネットサーフィンを深夜まで続け、ようやくアンナのLINEに返信すべくスマホをタップした。

 

f:id:upcyclist:20170321213815j:plain

 

耳介まで涙がはらりとこぼれた。

 

「パパちゃん。おとなになったら、いっしょにおだんごやさんやろうね」

 

みたらし団子が好きだった3才当時の娘の姿が浮かんでいた。

 

貴男は、返信する気力も失せ、電源を落とした。

 

upcyclist.hatenablog.com