海辺のアップサイクリスト

アップサイクルは、ライフスタイルの見直しによって不要なモノを断捨離、あるいは、デザイン等の付加価値を施してリメイクし、新たなモノに昇華させて生活を向上させることを提案します。

「道化の涙に映る虹」第7話

 前話

 
upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20161228012019j:plain

貴男は、左手に嵌めたグローブの裾を手首側に強く引っ張り、グー、パーを繰り返しながら手にフィットさせた。

 

カートに積んであるゴルフバッグからドライバーを抜き、ティグラウンドに立って素振りを一度、そして、グリーン上のピンフラッグと足元のゴルフボールを交互に見定める。

 

カートから降りてきた沙織は温かい眼差しを貴男に送る。

 

良いところを見せようと飛距離を意識した力任せのフルスイング。

 

ゴルフボールは左に大きく流れ
「フォアー!」
聞いたことが無い沙織の大声に一瞬ビクッとする貴男。

 

その後のラウンドでも、池に、バンカーにとトラブルショットの連発でグダグダになり、パッティングなど殆ど練習していなかったことで、ダブルボギー、トリプルボギーは当り前の状態となっていた。

 

一方、前職から営業畑一筋で接待ゴルフの経験も豊富だった沙織は飛距離こそ出ないものの常にフェアウェイをキープし手堅く刻んでいた。

 

こうなると最早楽しむどころではない。

 

「大丈夫、落ち着いて」「頑張って」の声を掛け続ける沙織、その言葉が少なくなったと感じた時から沙織の顔色を窺うようになっていた。

 

貴男の背後に後発グループのプレッシャーも迫り、優雅にラウンドを回るイメージだったゴルフが一人走り回ることになっていた。

 

失敗する度、コミカルなオーバーアクションで戯けていた貴男も、次第に余裕が無くなり真顔になっていた。

 

沙織のスコア89貴男は138。散々だった。

 

プライドのメッキもぽろぽろと剥がれ落ちていた。

 

自分の土俵に上げるべきだったと後悔した。

 

「やっぱり、やっていないとダメだね」

 

経験が浅い体を装った沙織向けの苦し紛れの言葉だったが、自分向けの戒めでもあった。

 第8話につづく

 

upcyclist.hatenablog.com

 

 ↓ブログ村ランキングに参加しています。

にほんブログ村 小説ブログへ
にほんブログ村