読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第34話

前話 

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170406020351j:plain

仕事中に容赦なく睡魔が襲う。

 

貴男は、中抜けの時間に一時間程仮眠を取り、目覚ましのエスプレッソを飲みながらスマホをタップしてLINEを開いた。

 

真っ赤なバラの様なチュチュを身に纏ったアンナ、そのトップ画像をタップした。

 

「仕事おつかれさま(^-^) 好きな食べ物は みたらし団子です。また日本に行ったら食べたい」

 

貴男は、既読したアンナのLINEを何度も読み返し、心を掻き乱した要因を摘み取るべく返信した。

 

「もうお芝居は止めにしないか?僕を騙しても時間の無駄だよ。お金儲けをするなら、色仕掛けで金持ちを騙した方が効率的だよ。僕はお金が無いからね」

 

いつもは返信が早いアンナから返事が途絶えた。

 

時間帯からしても、時差による理由ではなかった。

 

貴男は、荒んだ心に隙間風が吹きつけようとした時、スマホのランプが点滅した。

 

「騙しと儲けという漢字が難しいから調べたよ。寂しい気持ち。残念な気持ち。タカも同じエロじじい。私がお金目当てなら日本にいる時、相手を見つけていたよ。わざわざ面倒なことをしないよ。タカはバカだね。わたしはお金も求めないし、だますこともしない。私にもプライドがある。タカは大きらい、さようなら」

 

業者では有り得ない、リスクを背負った怒りを露わにした文面だった。

 

貴男は、エロじじい、バカという単語に素直に怒りを覚えたが、アンナの言葉を反芻しているうちに、己の愚かさに贖罪を求め、騙されてでも信じたいと思うようになっていった。

 

upcyclist.hatenablog.com