海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第24話

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170211013306j:plain

 

 

あれから二年。

 

 

 

狭い町ゆえ、知り合いの車に遭遇することはちょくちょくあったが、沙織の車と遭遇するのは初めてであった。

 

二年も出会うことが無かった事実に、何故だと思う反面、素直に運命と信じても良いと貴男は思った。

 

沙織に送信した短文メールに対し、返信された長文メール。

 

勇気づけられた貴男は、沙織に逢いたいと返信した。

 

すぐに沙織から返信があり、海岸沿いに遊歩道がある公園で四日後に逢うことになった。

 

シャンプーの香りを纏う沙織の黒髪は、ショートとなり洗練された色気があった。

 

服の趣味も変わったように感じた。

 

思い出話と近況を話すうちに日はとっぷりと暮れた。

 

貴男は、公園の近くにある、干物が美味しい定食屋に沙織を誘った。

 

以前の様に、ここが私の特等席と言わんばかりに、躊躇すること無く助手席に座る沙織を貴男は愛おしく感じた。

 

二年前に沙織と別れた後は、助手席には誰も乗せていなかった。

 

沙織の温もりを感じる喜びと、記憶を上書きされていなかった喜びに浸った貴男は、傍から見れば滑稽なほど、大袈裟な手振り身振りとなって沙織の前で存分に披露された。

 

沙織も貴男との再会を喜んでいた。

 

貴男が沙織に、飲みに行こうと誘うが、根が生えそうだからと断られた。

 

別れ際、貴男の車のバックミラーに映る小さな沙織は何故か深々とお辞儀をしていた。

 

貴男は違和感を覚えていた。

 

 

upcyclist.hatenablog.com