海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第23話

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170210003136j:plain

二日程して沙織からメールが入っていた。

 

「こんばんは この間はごめんなさいm(_ _)m 医療事務は初めてなので、覚えることがたくさんあってなかなか時間が取れませんでした。貴男さんに逢いたいけど、当分の間は、以前の様に時間が作れないかもしれません。(T_T)こちらが落ち着くまで待ってもらえるとうれしいけど(*^^*)」

 

「そうか、大変そうだね。どんなことやってるの?」

 

「うん。受付とか会計の手伝い、あとレセプト業務の手伝い。カルテの整理や電話応対、予約管理、そして、掃除とか雑用」

 

「レセプトって?」

 

「診療報酬明細書のことです」

 

「点数でやるやつ?」

 

「そう。あと、まだ何もわかんないから患者のクレーム対応とかもしんどい…。先輩にもイジメられないように頑張らないとo(^o^)o」

 

「そうか、辛いことがあったらいつでも連絡するんだよ」

 

「うん(*^-^)」

 

 

それからは毎日、二人の間で一日数回のメールと電話のラリーが続いた。

 

 

貴男の方も、仕事の量が増え、重要な仕事も任されるようになっていた。

 

逢えないことが当たり前のようになっていた二人。当初は言い合いにもなっていたが

いつしか、日を追うごとにメールの行数が減り、季節の移ろいとともに返信の間が空き始めていた。

 

沙織のことが気になっていた貴男だが、追いかけることが事態を好転させるとは思えなくなっていた。

 

事務所でコピーをとっている貴男は背中を突かれた。驚いて振り向くと奈緒美がいた。

 

「あのさ、最近、沙織から連絡無いんだよね。前は私からメールするとそれなりに返信があったけど、こっちからメールしても返ってこなくなったんだ。辞めたあとはしょっちゅう連絡し合っていたけど。やっぱり私、沙織に何か悪い事したのかな?貴男さんから言ってもらえない?」

 

「連絡するように?」

 

「うん」

 

「わかった。言っておくよ」

貴男は安請け合いをした。実は自分も連絡取り合っていないとは言い出せないでいた。

 

僕たちのことは過去のこととして忘れたいのだろうか?

 

ますます沙織に連絡してはいけないのではないかと思うようになった。

 

貴男は、時々沙織のことを思う日があった。深酒した時は、沙織に連絡したいという衝動に駆られたが結局連絡しなかった。

 

二人は自然消滅の形に納まっていった。

 

upcyclist.hatenablog.com