読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第21話

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170207014626j:plain

日頃から眠りが浅い貴男は物音に敏感で、自分のものではない微かな寝息に目を醒ました。

 

そうだ、沙織は泊ったんだ。

 

昨日のことを反芻(はんすう)するが、断片的な記憶に不安が募る。

 

だが、スッピンの安心しきった寝顔を見ているうちに、不安は徐々に安らぎへと変わっていく。

 

f:id:upcyclist:20170207022610j:plain 壁時計に目をやる貴男、時刻は6:54

 

否が応でも、気持ちは日常に引きずり戻される。

 

急いで洗面所に向かい、口に含んだ洗口液を出しブラッシングする。

 

終えて台所に向かい、湯を沸かしてコーヒーを入れ、トーストと目玉焼きを作る。

 

朝の日常を終えて寝室に戻り、ベッドにゆっくり腰を下ろして再び沙織の寝顔を見る。

 

できればこのまま寝かせてやりたいと思ったが、貴男は休みを取るわけにいかなかった。

 

頭を撫でようとした手を下ろし、代わりに額にキスをした。

 

「んーん」

沙織は伸びをしながら目をしばたたかせる。

 

「おはよう。お寝坊さん」

 

 目と目が合う貴男と沙織

 

「オハヨー」

 

「よく眠れたようだね」

 

「うん。きのう…」

 

「何?」

 

「何でもない」

沙織は少し頬を紅潮させていた。

 

「本当はね、このままゆっくりしててもらいたかったんだけど、鍵、一つしか無いから…。僕が帰るまで家にいるなら渡すけど」

 

「用事があるので、私も貴男さんと出ます」

 

「僕も休み取って一緒にゴロゴロしていたい気分だけどね」

 

「貴男さんは、お仕事頑張ってください」

 

「うん頑張るよ」

 

upcyclist.hatenablog.com