海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第19話

 前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170205020448j:plain

貴男は続けざまにシェーカーを振るう。

トップを外したシェーカーから、氷の入ったワイングラスにペールピンクの液体が注がれる。

 

「それは何ですか?」

 

「ラムベースのイスラデピノスという名のカクテルだよ。スペイン語でパイナップルの島というんだ。でも、パイナップルじゃなくてグレープフルーツ使うんだけどね」

 

「貴男さんがアレンジしたということ?」

 

「違うよ。元からグレープフルーツを使うんだよ」

 

「そうなんだ。何か理由があるんですか?」

 

「僕も良く知らないんだ。それより乾杯しよう!それじゃ、沙織さんの前途を祝して」

 

「カンパーイ」

チュィーーン。鉛度の高いグラスの澄んだ打音が響く。

 

「わーこれ美味しい。飲みやすい」

沙織は無邪気に喜ぶ。

 「貴男さんのも美味しそう」

 

「飲んでみる?」

 

「いいですか?」

 

「いいよ。どうぞ」

 

「こっちも美味しい」

 

「どっちが好き?」

 

「どっちも、強いて言うならイスラデ…イスラ」

 

「イスラデピノス」

 

「そう。それです」

 

「じゃあ、これ飲んでいいよ」

 

「えっ、いいです。貴男さんのが無くなっちゃう」

 

「いや、僕はカクテルよりもウィスキーの方が良いよ。実はグレナデン・シロップが消化しきれないから無理矢理作ったんだ」

 

「そうなんだ」

 

「ところで沙織さん、今回の件はやっぱり責任の一端を感じるよ。本当にごめんね」

 

「ホントに貴男さんのせいじゃないから気にしないでください」

 

「ウーン…。そうだ、やっぱり何かつまむもの出すね。ミックスナッツで良い?」

 

「あ、ありがとうございます」

 

「ところで、前から聞きたかったことがあるんだけど」

 

「何ですか?」

 

「うん。聞き辛いことなんだけど単刀直入に聞くよ。沙織さんとこ離婚の理由は何だったの?」

 

「私ですか?」

 

「うん」

 

「旦那のギャンブルです」

 

「ギャンブル?」

 

「酒もタバコもやらないし、他に問題が無い人でした。物静かで優しかった」

 

「旦那さんは、ギャンブル止めようと思わなかったの?」

 

「止めようと努力はしていたようですけど結局ダメだった」

沙織は遠くを見る。

 

「そうか…」

 

「貴男さんは?」

 

 

upcyclist.hatenablog.com