読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第18話

Serial novel Serial novel-第18話

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170204123023j:plain

貴男は、棚から、チェリー・ブランデー、ブランデー、オレンジ・キュラソーのミニチュアボトルを取り出しカウンターに並べる。

 

「可愛い」

香水の小瓶でも見るように、ミニチュアボトルを一本、一本持ち上げて見つめる沙織。

 

「そうでしょ」

乾燥してキャップが固くなったグレナデン・シロップとレモンを冷蔵庫から取り出す貴男。

 

「どこで手に入れたんですか」

視線を貴男に戻す沙織。

 

「通販」

 

「普通に売ってるんですね。試供品かと思いました」

 

貴男は黒のカッティングボードの上でレモンをカットし、一旦手を止め

「そうだよね。お酒詳しくないとあまり見ないもんね」

 

「うん。見ないです」

 

「普段あんまりカクテル飲まないし場所とるからね。殺風景なこの部屋のインテリア代わりに棚に合わせて買ったんだ。だから、美味しくてもあまりおかわりはできないよハハハ」

 

「おかわりはできないんですね。残念」

 

「その代わり、色んな種類のカクテルをご馳走するよ」

 

シェーカーのストレーナーを外し、チェリー・ブランデー、ブランデーをメジャーカップで量りながら30mlずつ入れ、オレンジ・キュラソーグレナデン・シロップ、レモンの果汁を2滴ずつ入れ、氷を入れる。

 

シェーカーにストレーナーとトップをした。

見せ場を意識した貴男に程良い緊張感が走る。

 

沙織に正対していた身体を横に向け

カシャッ カシャッ カシャッ シャカシャカシャカシャカ

シェーカーを軽快に振るう。

 

 シェーカーのトップを外し、カクテルグラスに注ぐ、グラスの脚を人差し指と中指で挟みテーブルの上で底を滑らせ沙織の目の前に押し出す。

「はい、どうぞ」

 

「美味しそう。これは何という名前ですか?」

 

「チェリー・ブロッサム。名前忘れないように、わかり易い方が良いと思って、この名前聞いたことあるでしょ?」

 

「聞いたことあります」

 

「桜の花をイメージした日本生まれのカクテル、響きが良いよね」

 

「そうですね。名前のとおり、キレイ」

 

「あっ、そうそう当店はキャッシュオンデリバリー制となっております。一万円いただきます」

 

「えー、ぼったくりBarじゃないですか」

少し甲高い声になった沙織。

 

「アハハハハ」

笑い合う二人。

 

upcyclist.hatenablog.com