読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第16話

前話 

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170201132522j:plain

 「さあ、そろそろ二次会に、と言いたいところだけど実は代行頼んじゃったんだよね」軽く舌を出す奈緒美。

 

「そうなんだ。ありがとう」

と返す沙織。

 

「もうそんな時間?」

貴男のパテックは、21:41を指していた。

 

奈緒美は、貴男と沙織を順に指差し

「ちなみに、あなた達二人の代行は頼んでないからね。沙織は明日から有休消化でしょ、後はお好きに」

意味深な笑みを浮かべる。

 

「何で、私の送別会でしょ、一緒に頼んでくれてもいいじゃない」

 

「さあさあ、私たち邪魔者はとっとと消えましょう」

奈緒美は、まるでボクサーが入場する時の様に、有里子の両肩に手を乗せて退出を促す。

 

「違う違う、そんなんじゃないって」

沙織は酔った顔を更に赤らめ否定した。

 

「いいから、わかったから、じゃあねオヤスミー」

バイバイする奈緒美。

 

有里子は肩越しに振り返り

「また連絡するね。今日はゆっくり楽しんできてね」

腫れた目蓋で微笑んだ。

 

良い人たちだ。

いつもなら、二人きりになるのは喜ばしいことだが、今夜は違った。

出来るだけ長く四人で一緒に時間を過ごしたいと思う貴男だった。

 

二人を見送った貴男と沙織。

 

「どこかで飲み直そうか」

貴男はスマホで検索を始めた。

 

「はい。良い所あります?」

 

「もうお腹いっぱいだよね。近所に小洒落たBarがあるんだけど行ってみない?」

 

 

upcyclist.hatenablog.com