読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第6話

 前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20161223132320j:plain

疲れた体を引き摺り家に帰ると、それに合わせるかのようにスマホの着信メールを知らせる青い光が点滅した。

 

沙織はメールが苦手、ましてやLINEなど誰ともやらないと奈緒美は言っていた。

 

LINEの着信を知らせる緑の点滅ではなかったので、貴男はほのかな期待を抱いていた。

スマホのディスプレイをフリックしダブルタップ、そして着信リスト最上部の沙織の名前をタップした。

 

「こんばんは♪ 元気ですか?今度お休みが同じ日にゴルフ行きませんか?」

 

貴男の眼はメールを三回なぞっていた。

 

プライベートでも接待でもゴルフ経験が無い貴男は素直に喜べなかった。

 

無様な姿を晒したくない。代案を出すべきか…。しかし、先日の食事会でも、共通の趣味の話題は無かった。代案に合わせてもらうことで発生する気遣いを考えると沙織に合わせた方が無難だとも思った。

 

「是非行きましょう!」

 

見栄を張り、経験が無いとは言い出せなかった。

 

幸い日程調整には時間が掛かる、元々運動音痴ではない貴男は、付け焼刃でも何とかなるとたかを括り、友人に道具一式を貸してもらい、早速、打ちっ放しで練習を開始した。

 

風光明媚なこの町は、あちこちにゴルフ場があり立派な打ちっ放しもあった。

 

何となく真っすぐ飛ばせると貴男が感じた頃に、沙織とコースに出る日が決まった。

 

紅葉と青空のコントラストが見事なまでに美しい日。

コースデビューの微かな緊張感が駐車場で待つ貴男を高揚させていた。

 

貴男の目の前を水色のハイブリット車が静かに通り過ぎる。

一時停止で切り返し、貴男の車の横につけて降りてきた沙織は、白のカットソー、ペールピンク✕ウォーターブルーのアーガイルチェックのニットベスト、オフホワイトのミニスカートだった。

 

「晴れで良かったですね」

 

「そうだね。本当に良い天気だ」

 

その白を基調としたコーディネイトは、秋晴れのスパイスとして貴男の目に映っていた。

 

クラブハウスで、沙織にゴルフ経験が少ないこと、ブランクがあることを伝えた。

 

upcyclist.hatenablog.com