読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第5話

Serial novel Serial novel-第5話

 前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20161220110850j:plain

仕事上、作り笑顔は絶やさない貴男。だが、真の笑顔は失ったままだった。

 

その浅黒かったかつての笑顔

幼い娘はアンパンだと言って喜び、別れた妻は子熊のようだとからかった。

 

思い出の詰まった東京の家から身を剥がすようにして引き払い、前向きな気持ちなど微塵も無くこの町に来た。

 

家族との別離で身も心も壊れ、一時は死を決意して海岸線を歩いた。

 

美しい筈の風景も、どこか他人行儀で別世界だった。

 

歩いては立ち止まりを繰り返す。

崖から見下ろす先にあるのは黒くゴツゴツした岩。

死の直前に味合うであろう激しい痛み、覚悟を決めても足は竦む。

 

貴男と此の世繋ぎとめているのは死の恐怖と、別れた家族に罪悪感を残したくないという思いだった。

 

フィラメントが切れそうな裸電球同然の貴男、その童顔だった表情筋は急速に衰えを見せ、皮肉にも年相応の顔になっていた。

 

今の貴男にとって、たとえそれが不自然で間抜けな笑顔であっても、沙織に見せる精一杯の笑顔だった。

 

 

upcyclist.hatenablog.com