読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第3話

Serial novel Serial novel-第3話

 前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20161220103314j:plain

食事会で世間話のネタは尽きてしまった。
駅まで15分の帰り道、貴男は何を話せば良いか思案に暮れていた。

 

「あのー、できたらメールアドレス教えて欲しんだけど」
唐突過ぎたが他に言うべき言葉が浮かばなかった。

 

「私?」
上目遣いの沙織。

 

「うん」

 

「明日メモで持っていくからそれでいい?」

明日のメモにする理由を沙織は明かさず

 

「えっ? あぁいいけど」
貴男も問うことをしなかった。

 

f:id:upcyclist:20161220103730j:plain


翌日、休憩時間の沙織は客がいないところを見計らい、フロントの貴男の後方にある事務所から手招きした。

 

貴男は辺りを見回し、それとなく事務所に下がった。幸い、事務所には沙織と奈緒美しかいなかった。

 

ペン尻を咥えながらニヤつく奈緒美を後目に、沙織に近づいた。

 

 

「持ってきてくれたの?」
当たり前のように聞く貴男

 

 

「何の為に?」
意外な言葉で返す沙織

 

 

「えっ?いや昨日・・・」

状況が飲み込めず狼狽える貴男

 

 

「はい」
おもむろにポーチから自作の名刺を取り出す沙織。
淡いパステル調の花畑に車両進入禁止の標識がコラージュされ、メールアドレスと電話番号が印刷されたものだった。

 


「あっありがとう」

意表を突いたやり取りや図柄の意図が全く読めず、狐につままれた気分になった貴男だったが、いそいそと名刺をポケットにしまい込んだ。

 

 

売店に戻る沙織をバイバイで見送った奈緒美は、今度は貴男をシッシッと追い払った。
それに応えるように、後ろ姿で手を振る貴男はフロントに戻った。

 

upcyclist.hatenablog.com