海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

自作間仕切り「仕切り上手は○○上手」

f:id:upcyclist:20161220004257j:plain

傷と汚れがひどくなった、床のクッションフロアを張り替えることにした。

 

張り替えは業者に頼む人が多いかと思うが、DIY精神が旺盛な私の思考形態は、まず自分で出来ないだろうか?から入っていく。それでダメならば業者となる。

 

迷わずホームセンターに直行、自分の好きなチェッカー柄のクッションフロアを選んだ。

 

作業に入る前は、その日の気分に合わせてコーヒーや紅茶を飲みながら材料を眺め想いを巡らす。

 

完成後の達成感も好きだが、この時間も捨てがたい。まさに至福のひと時。

 

どうにか張り替え作業が終えると、クッションフロアのシートの端が微妙に余った。捨てるのにはもったいない気がする。さて、どうしたものか…。

f:id:upcyclist:20161220004320j:plain

 

今回はさすがにアイデアがすぐに出てこなかった。

 

こういう時は、普段不便に感じていることを思い浮かべて紙に書き出していく。

 

強いて挙げるとするれば、キッチンが玄関から丸見えである事ぐらいか。不便というほどではないが…。

 

部屋をどんなにおしゃれにしてもキッチンだけは生活感が出やすい。

 

いっそのことキッチンそのものを隠したい。だが、自炊がメインの我が家ではそうもいかない。

 

間仕切りがベストだろうなぁ…とは思った。しかし、床材であるクッションフロアと間仕切りを結びつけるのはムリヤリ過ぎる発想だ。

 

無駄に重くなるし、風通しも悪くなる。

 

クッションフロアを軽量化して風通しを良くする。

この問題点をクリアすれば使えるのか?

 

クッションフロアとキッチンの間で視線のラリーが続いた。

 

問題解決のデザインとして、透かしやモビール、フリンジが浮かんだ。

 

モビール方式でやる事に決めた。そうと決まれば後は速い。

 

 

クッションフロアの切れ端と、倉庫にあった塩化ビニル製のテーブルマットの切れ端を正方形のブロックに裁断。

f:id:upcyclist:20161220004348j:plain

 

 

 

四隅をハトメパンチして、クリップで連結。

f:id:upcyclist:20161220004410j:plain

 

   

 

               そして完成したのがコレ

                    ↓

 

 

 

 

    

   f:id:upcyclist:20161220095151j:plain

透明で薄いテーブルマットの切れ端を有効活用したことで、全体的に軽くなり適度に視線を遮る間仕切りとなった。

 

掛った費用は、クリップ代とハトメ代で1000円弱(100均で調達)