読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

自作壁時計「面白い、楽しいアップサイクルの世界」

私は海の近くに住んでいるのでよく浜辺を散歩する。

波打ち際に漂着物を探し、アップサイクルに使えそうなモノを少しだけ持って帰る、言わばごみ散歩である。

波打ち際は、歓迎されない漂着物の方が圧倒的に多く、この一見清掃活動であるかのような、曖昧でささやかな抵抗運動は無条件降伏の白旗を常に揚げている。

白旗を揚げ続けた心は耐性が出来、もはや偽装白旗と化した旗の下で本来のアップサイクル活動に専念する。

漂着物の大半はゴミや海藻類で、中には魚貝類などもある。衛生上、さすがに食べようと思わない。

風船みたいに真ん丸になったフグ目の死骸が、波打ち際を転がる様は、憐れを通り越して滑稽で思わず吹き出しそうになる。

今日も波打つ際を舞台に自然界の無情が繰り広げられている。

 

伊豆のヒトデではありませんが、こんな画像からもインスピレーションを受け創作します。

f:id:upcyclist:20161220002115j:plain

                 

 

                   そして作ったのがこれ!

                   ↓

 

 

 

f:id:upcyclist:20161220002140j:plain

不要になったCDビニールチューブ壊れた折り畳み傘の骨で作ったジョージネルソン風壁時計。

でも写りが良くない。反省。

f:id:upcyclist:20161220002222j:plain

 

LED、時計パーツと合わせて総額1,600円くらいでした。これを安いと見るか、高いと見るか。いえいえ、完成した時の感動はプライスレスです。だからアップサイクルは止められないんです。

 

f:id:upcyclist:20161220002236j:plain

画像だと燃えているようですが、部屋の照明を落とすとネオン管のようになり、まるでBarにいる気分です。部屋にあった不要な物が次々とインテリア雑貨に生まれ変わり、片付いておしゃれになっていく。

私の家ではインテリアの殆どがアップサイクルの手作りです。一度簡単な所から始めてみてはどうですか?

ハマります。手作り壁時計はキットやパーツがあり簡単です。

これからも順次公開していきますのでよろしくお願いします。