読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

Products

自作バッグ「季節外れのアサギマダラ」

このところ、連載小説ばかり書いているので、アップサイクリストとしてはお久しぶりでございます。 「アップサイクリストらしくないじゃないか!」というお叱りの幻聴と被害妄想があり、そのリハビリの為に今回投稿させていただきますこと予めご了承下さい。 …

自作クリスマスツリー「壊れた折り畳み傘を見て、前からやってみたかったこと」

巷ではクリスマス商戦 の真っ只中なんですが、私が興味無いせいか、商戦というわりには、相変わらず毎年活況を実感してないのであります。 季節商品の展開時期も崩れて、クリスマス前に迎春の正月飾りまで出てくる始末。それはやり過ぎだろう、と思わずツッ…

自作イルミネーション「ハロウィンは終わったけれど 紫✕オレンジ」

日本人はイベント好きでハロウィンも定着しつつありますが、そのせいで、関連グッズが売り場から消えても、私の頭にはあの配色の残像がこびりついています。我が家ではハロウィンの装飾などしないのにも関わらず…。 倉庫から紫色のビニールホースの切れ端を…

自作間仕切り「仕切り上手は○○上手」

傷と汚れがひどくなった、床のクッションフロアを張り替えることにした。 張り替えは業者に頼む人が多いかと思うが、DIY精神が旺盛な私の思考形態は、まず自分で出来ないだろうか?から入っていく。それでダメならば業者となる。 迷わずホームセンターに直行…

自作シャンデリア「ココロの洗濯が必要なのだが、その前に」

一人で外食中、疲れたココロでボーっとして、うっかりジャケットの袖にシミをつくってしまった。こりゃ大変だクリーニングが必要だ。数日後、クリーニング屋に受け取りにいき、自宅に着くと、クリーニング溶剤のニオイが残るジャケットを袋から取り出し、ク…

自作壁掛けミニホームバー「昨日はBARの雰囲気で終わったので」

今日はBARつながりのネタで 私の住んでいるところは都会ではないので、外に飲みに行っても帰りはタクシーか電車、というわけにもいかず、結局代行を呼ぶはめになり必然的に家飲みが多くなります。でもミニマルとは似ても似つかない殺風景な部屋、あるいは生…

自作壁時計「面白い、楽しいアップサイクルの世界」

私は海の近くに住んでいるのでよく浜辺を散歩する。 波打ち際に漂着物を探し、アップサイクルに使えそうなモノを少しだけ持って帰る、言わばごみ散歩である。 波打ち際は、歓迎されない漂着物の方が圧倒的に多く、この一見清掃活動であるかのような、曖昧で…