読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海辺のアップサイクリスト

アップサイクルとは、不要な廃材にデザイン等の付加価値を施して新たな製品に昇華させること。リサイクル、リユースの上をいく循環型環境ビジネスです。クリエイターの視点で提案していきます。

「道化の涙に映る虹」第36話

f:id:upcyclist:20170506021036j:plain

 

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

カーテンを超えて貴男の薄目に容赦なく差し込む日差し。そして、鮮やかなブルー。

 

否応が無くポートレートを撮って来いと言わんばかりの快晴だった。

 

昼まで寝たいという誘惑を断ち切り、貴男は布団を跳ね除け飛び起きた。

 

仕事以外で他人の都合に合わせるのは久しぶりだった。

 

まるでデートに行く様な浮かれた気分で洗面所に行く。

 

洗口液を口に含んで歯ブラシ手にした時、腹の虫が鳴った。

 

 そうだ、慌てる必要など無い。貴男は、鏡に映る自分の苦笑いを初めて見た。

 

歯磨きを一旦止め、水で口を濯ぐとキッチンに向かった。

 

冷蔵庫の扉を左手で押さえ、右手で中にある酸味の効いた紅玉を頬張った。

 

いつも感じる二日酔いの不快さは全く無かった。

 

現時点で年齢はクリアしているが、アンナはジジイが嫌だと言っていた。

 

痛い若作りは避けつつも、年相応も危ない。

 

朝風呂に入り、念入りに髪をセットした後、海辺の景色に映えるような紺のジャケット、ブルーのグラデーションのシャツ、白のパンツ、当り障りのないワードローブを選んだ。

 

二度と味わうことが無いと思っていた高揚感が貴男をくすぐっていた。

 

身支度を整えていくうちに徐々に生きている実感が蘇ってきた。

 

玄関のドアを空けると、潮風が吹き込んできた。

 

貴男は深呼吸をすると、車に向かった。

 

晴れ渡る空と、眩い海のコンビネーションの美しさは、本当の意味で近くに住む者にしかわからない。

 

自撮りだけなのに、アンナと海に行く様な錯覚に捉われた貴男だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「道化の涙に映る虹」第35話

f:id:upcyclist:20170413034050j:plain

 

前話

upcyclist.hatenablog.com

 「ゴメン。アンナ、いろいろあって疑り深くなっているんだ。赦してほしい。お金は無いけど友達でいてくれたら嬉しい」

 

半日ぐらい時間が経過したころにアンナから返信があった。

 

「タカは日本人なのにお金無いの?まあいっか了解。私もお金無いよ。確か日本語でびんぼうだよね(笑)」

 

「実は、前に自分がやっていた会社が倒産して、あっ、倒産てわかる?それでお金が無くなったんだ。でも、もう借金は無いよ」

 

貴男はアンナから返信があったことで少し嬉しくなっていた。

 

「倒産わかるよ。タカは経営者だったのか。大変だったね。私の友達で、お金目当てに日本の70歳くらいのお爺さんと結婚した人がいるよ。国際結婚何とか所にとうろくで」

 

「そうか。アンナはそういうところに登録しないの?」

 

「やだよ。お金無いより、ある方がいいけど。何でお爺さんと結婚?」

 

「そうか」

 

「そうだよ。そういえばタカの写真見てない。送って!お爺さんなら、さよならだよ」

 

 

すっかり忘れていた。貴男は自分の姿をアンナに見せていた気になっていた。

アンナがOKする基準はわからない。少なくとも、今のくたびれた姿は見せられない。

 

「天気の良い日に近くの海で撮ってくると約束したけど、仕事も忙しいし休みの日も天気悪かったんだ。もう少し待ってね」

 

アンナに気に入られようとしている自分を滑稽に思いつつも、貴男は苦し紛れの言い訳をした。

 

「タカはどんな感じなの?早く見たいよ」

 

「もともと自撮りが好きでなかったので最近の写真があまり無いんだ。ゴメン」


「そっか、残念(-ω-)/」

 

「ところでアンナは面食いなの?」

 

「どうかなぁ、普通」

 

「アンナの写真は本物なの?」

 

「前に日本いた時、モデル事務所にとうろくした時のオーディション写真だよ」

 

貴男にはますますプレッシャーが掛かっていた。

 

 

「道化の涙に映る虹」第34話

前話 

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170406020351j:plain

仕事中に容赦なく睡魔が襲う。

 

貴男は、中抜けの時間に一時間程仮眠を取り、目覚ましのエスプレッソを飲みながらスマホをタップしてLINEを開いた。

 

真っ赤なバラの様なチュチュを身に纏ったアンナ、そのトップ画像をタップした。

 

「仕事おつかれさま(^-^) 好きな食べ物は みたらし団子です。また日本に行ったら食べたい」

 

貴男は、既読したアンナのLINEを何度も読み返し、心を掻き乱した要因を摘み取るべく返信した。

 

「もうお芝居は止めにしないか?僕を騙しても時間の無駄だよ。お金儲けをするなら、色仕掛けで金持ちを騙した方が効率的だよ。僕はお金が無いからね」

 

いつもは返信が早いアンナから返事が途絶えた。

 

時間帯からしても、時差による理由ではなかった。

 

貴男は、荒んだ心に隙間風が吹きつけようとした時、スマホのランプが点滅した。

 

「騙しと儲けという漢字が難しいから調べたよ。寂しい気持ち。残念な気持ち。タカも同じエロじじい。私がお金目当てなら日本にいる時、相手を見つけていたよ。わざわざ面倒なことをしないよ。タカはバカだね。わたしはお金も求めないし、だますこともしない。私にもプライドがある。タカは大きらい、さようなら」

 

業者では有り得ない、リスクを背負った怒りを露わにした文面だった。

 

貴男は、エロじじい、バカという単語に素直に怒りを覚えたが、アンナの言葉を反芻しているうちに、己の愚かさに贖罪を求め、騙されてでも信じたいと思うようになっていった。

 

upcyclist.hatenablog.com

 

スピードを求める本質

f:id:upcyclist:20170404145654j:plain

f:id:upcyclist:20170404145728j:plain

人や動物、乗り物等のレース、配送や調理等の作業時間、その他、種々の速さ(早さ)を要求される事柄。

 

人は何故、そのスピードに魅了されるだろうか?

 

明日をも知れない、限られた命という時間の中で、誰よりも早く幸せに到達したいからである。

 

早ければ早い程、その価値は大きい。

 

そのパフォーマンスに、行っている本人も観客も仮想的に欲求が満たされる。

 

日本人は社会性を重んじる民族なので、他者より先に幸せに到達するのは気が引けるという善良な者も多い。

「道化の涙に映る虹」第33話

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170326014616j:plain

 

 寝ようとしても目が冴える。

 

夜中を三時過ぎた辺りからウトウトし、やっと眠りについた。

 

「パパ、今までありがとう。さようなら」

 

成人式の晴れ着を纏った美月は、貴男に背を向け歩き出した。

 

「美月、待ってくれ。本当に悪かった」

 

自分の叫び声で貴男は目を醒ました。

 

目尻は乾いた涙でザラザラしていた。

 

 

 

「大丈夫、学費は何とかする」

 

会社を潰した貴男は、父親としてのプライドと、自分の様に借金を背負わせたくないという思いから、ギリギリまで金策に走った。

 

多額の借金もあったことで、友人、知人から信用を得ることは儘ならず、目標額の半分に止まった。

 

結局、奨学金申請をさせなかったことが裏目に出て、大学進学を諦めさせる結果となってしまった。

 

今更、どの面下げて娘に会えようか

 

掛け布団を払い除け、冷蔵庫に一目散に向かい、冷凍庫の中から凍って真っ白になったズブロッカの瓶を取り出すと、反動で中身の液体は瓶底からキャップに向かってゆっくりと波を立てた。

 

キャップの氷を落とし、ふきん被せて反時計回りに捻った。

 

桜餅のような芳醇な香りが何年か振りに鼻孔に向かって立ち上った。 

 

思わず、瓶を口に近づけた貴男だったが、

 

お客に、酒臭い息を吹きかけるわけにいかない。

  

サービス業の悲しい性。静かにキャップを閉めた。

 

戻りたくても昔の家庭に戻れないのだ。

 

貴男は眠れぬまま朝を迎えた。

 

upcyclist.hatenablog.com

 

 

胞子の奉伺(ほうし)

f:id:upcyclist:20170316022917j:plain

 

人類の宿主は地球であり、人類は寄生虫や菌類の一つにしか過ぎない。


宿主が死ぬと寄生している生物も死ぬ。

 

従って、寄生する生物は宿主に害を及ぼさないものが多い

 

自然破壊程度の環境破壊は、人類の環境を破壊することであり、地球の環境は破壊しない。

 

痛い目をみるのは地球ではなく人類であり、自ら首を絞める滑稽で希少な生物であるといえる。

 

更に滑稽なのは人類は宿主たる地球を破壊しえるものを地球上で生成していることである。

 

そして、地球の資源をとことん食い潰し、新たな宿主たる星を求め、胞子を飛ばすが如くロケットを打ち上げる。

 

無銭飲食たる人類を黙って見ている宿主とは到底思えない。

 

母なる地球に意思がないといつ誰が決めたのだろうか。

 

母は意思が無く子にだけ意思?単なる驕りではないだろうか?

 

人類は、意思表示をしない寡黙なものに意思が無いと決めつけたがる。

 

表示をしていないだけとは考えられないだろうか?

 

いっそ、意思がありますなどと看板をぶら下げてくれればラクなのに…。

 

残念ながら親は子を全面的に守る存在ではない。

 

鍛錬の重みを知っているのだろうか?

 

最初の試練は家庭内の親である。

 

このままでは近い将来、人類は淘汰されるであろう。

 

寡黙なのも、「気付きの猶予を与えてもらっている」という解釈も成り立つのではなかろうか。

 

人類など、全ての星が己の存在(生きる)意義を解明する為の実験道具であり、弄ぶ玩具の一つである。

 

弄ぶことに興奮を覚えるのも、生殖行動のエラーの一つ。

 

 地球のご機嫌をおうかがい申し上げる。そんな謙虚な姿勢が大事だと

 

酔いどれ物書きは妄想するのであった。マル!

「道化の涙に映る虹」第32話

前話

upcyclist.hatenablog.com

 

f:id:upcyclist:20170321043901j:plain

 

 

 

f:id:upcyclist:20170321044103j:plain

 

どこまで芝居を続けるつもりなのだろうか。

 

いずれ会いたいだの、金をくれだの言ってくるだろう。

 

貴男は暇潰しと空しさの間で返信を続けた。

 

f:id:upcyclist:20170321210412j:plain

 

勤務を終え、ジャケットの内ポケットからスマホを取り出すとLINEの着信を知らせるランプが点滅していた。

 

アンナからだったので返信せず帰宅した。

 

風呂に入り、夕食を終え、ネットサーフィンを深夜まで続け、ようやくアンナのLINEに返信すべくスマホをタップした。

 

f:id:upcyclist:20170321213815j:plain

 

耳介まで涙がはらりとこぼれた。

 

「パパちゃん。おとなになったら、いっしょにおだんごやさんやろうね」

 

みたらし団子が好きだった3才当時の娘の姿が浮かんでいた。

 

貴男は、返信する気力も失せ、電源を落とした。

 

upcyclist.hatenablog.com